未分類

心について(その3)

投稿日:

日々自分を変革することが大事

 

 

 

 

IBMのトーマス・ワトソンの息子が「飼いな
らされた野ガモになるな」とIBMの精神とし
て引用した話があります。

「飼いならされた野ガモになるな」とはどう
いうことかと言いますと、もともとは、デン
マークのキルケゴール(1813~1855)という
哲学者が紹介した言葉です。

またこの話を有名にしたのが、ドイツのハイ
デッガー(1889~1976)です。

あるところに毎年、渡り鳥の野ガモが飛んで
くるところがあるのですが、親切な老人が餌
付けをしていました。

ところが野ガモはいつも餌をもらえるものだ
から、寒くなったら南に飛んでいく修正を忘
れだんだん太ってきました。

ある日その親切な老人が亡くなってしまった
のです。

すでに、渡り鳥の修正を無くしてしまった野
ガモは、しばらくして雪解けの洪水に流され
て死んでしまうという話です。

IBMの精神として「飼いならされた野ガモの
ようになるな」

「人から餌をもらって食べているうちに、飛
んでいけなくなってはだめだ」

というように、野性味を失はないことの大切
さを、説いています。

要するに、「現状では食べていけるから、こ
れでいい」と思うような生き方ではだめだ。

いつ危機が来るかもしれないし、いつつぶれ
るかもわからない。

だから、危機感をもって生きなさい。

毎日真剣勝負で、毎日イノベーションしなく
てはいけない。

一生懸命生きなければ、未来はない。

そんな精神でIBMは世界的な企業になったの
です。

振り返ってこれを自分自身や会社に当てはめ
るとどうなるのでしょうか。

今は大丈夫だと思っていても、様々な状況に
よってどうなるかわかりません。

現実にトップメーカーと言われるところも潰
れたり潰れかかったりしています。

ユニクロ(ファーストリテイリング)にして
も、1ドル150円くらいになれば潰れると言わ
れています。

安売り店も円安になれば潰れ始めます。

円高対策に、海外で現地生産するようにした
ところは危ないです。

なので、「野ガモの精神」を忘れてはいけま
せん。

日々精進する気持ち、日々自己変革し、新し
い課題に挑戦し、環境の変化に耐えていこう
とする遺伝子を持たなければ、個人としても
組織としても、生き残ることはできません。

安全神話の見直し

 

 

 

 

今盛んに安全ということについて論議されて
いますが、日本もアメリカという、親切な老
人に餌をもらっているうちに、南へ渡らなく
てもいいと思っているところはないか考えて
なくてはいけません。

基本的には、原点に戻って、国家はどのよう
でなければいけないのか。

あるいは、ほかの国はどうしているのかなど、
よく見ておく必要があります。

今までの「安全神話」でうまくいっているか
ら大丈夫だと思っていたら甘いのです。

これは国家にも言えることですし個人として
も言えることです。

例えば、自営業していて「絶対に大丈夫」だ
と思っていても、近所にライバル店が出店し
てダメになることはよくあります。

いつも張り詰めた生き方をしなくてはいけま
せん。

人生は多くて3万日ほどしかありません。

これらの時間を、誰のせいにするのでもなく、
自分で変えていけるものについては、自分の
ハンドルとアクセル、ブレーキをうまく使っ
て乗り越えていかなくてはなりません。

未来や過去は変えられる

 

 

 

 

 

過去にこのような不幸があったから、自分た
ちは幸福になれないのだ。

そう言っている人がいます。

「過去が不幸だから今も不幸」と言っている
こと自体、すでに「不幸」なのです。

これでは絶対に幸福にはなれません。

本当に輝いていれば、過去のことは許せるは
ずです。

例えば、「70年前にこんなことがあったから、
今、自分たちは不幸なのだ」と言っている国
もありますが、それは、「今の政治が悪い」
ということなのです。

今の政治が悪いために、為政者は、国民の目
をそらすために、過去のせい、外国のせいに
しているわけです。

私たちは、100%自分の自由になる「心」を
持っているので、これを使い、上手に生きて
いきましょう。

最後までお読みくださってありがとうございました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

保護中: 男性が女性の上司を持った時の注意 点(LINE登録で読むことができます。ID:@iwt4181l←最後は半角エルです)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

no image

震災で生き残った、一人の男がタダで現金をばらまいている話

今震災で生き残った一人の青年が成功者となって現金をばらまくという話が入ってきました。 どのようにして彼は1か月で10億円を稼げるようになったのか。 そのノウハウを公開しているみたいです。 3月11日。 …

no image

防災士になるには

防災士 資格 防災士とは、NPO法人(特定非営利活動法人)「日本防災士機構」が、防災に関する一定の意識、知識、技能を持った人を認証する民間資格だそうです。 防災士はあくまで「自助」「共助」の模範的な存 …

no image

保護中: 悪魔からの防衛術(執着を断つ)LINE登録で見ることができます。 @iwt4181l←半角エルです

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

no image

保護中: 今からでも遅くない、新しい人生の 開け方(LINE登録で読むことができます。ID:@iwt4181l←最後は半角エルです)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。