未分類

仕事の研究5(稼げる男に共通する5つのポイント)

投稿日:

 

 

 

 

 

以前、成功者になるための条件の一つとして
「給料の10倍働く」という内容の本を読んだ
ことがあります。

「10倍働く」というのは時間的に10倍働くと
いう意味ではありません。

自分の年収の10倍の利益を出すことを目標と
せよということです。

10倍働くには当然仕事の中身を検討しなくて
はいけません。

常に能率アップと合理化の精神を忘れず、創
意工夫をしていくことが大事です。

この考え方の基には、「職場に対して恩を売
り、力強く、積極的に皆を引っ張っていくあ
なたであれ」ということがあります。

また、自分のことばかりを考えるのではなく、
あなたがいるために、周りの人みんながよく
なっていくような、そういうあなたでなけれ
ばならないということです。

人間は、中途半端な成功ではなく大いなる成
功を収めた人は、みな人のために何かをした
くなるようです。

大いなる成功者となる小さな第一歩が、「給
料の10倍働く」という事だと私は思います。

1.慢心せずさらに責任の範囲を広げる

 

 

 

 

小さな成功からだんだん大きな成功へレベル
が上がっていっても、基本的に邁進しないこ
とが大事です。

口先で、「大したことはない」というのでは
なく、本心で自分の中ではこんな成功ではま
だまだだと思える人などです。

そして、邁進しないだけでなく、会社でいう
ならば自分のセクション以外のところまで自
分の責任であると感じることができるのなら、
これからも伸びていく可能性があります。

例えば、会社によっては企画部という部署を
持っているところもありますが、企画部があ
るから自分の部署では企画は関係ないと思っ
ていてはだめです。

企画部でも実際やったことのない件について
は的外れな企画になることもあるため、自分
たちで企画を立てその責任は自分がとる姿勢
が必要です。

また、仕事をしていて立場が次第に上がって
くると、できないことが増えなおかつ慎重に
なってきます。

そのことで「無能」呼ばわりされることだっ
てあります。

普通は「無能」呼ばわりされることに耐えら
れなくなることが多く、そのため目立つこと
をし始めます。

そうすると意に反して失敗に終わることがあ
るので注意が必要です。

もっと稼げる上司になるには、個人としても
成功・失敗のいわゆる「成功分岐点」経営で
いうところの「損益分岐点」のレベルが変わ
ってくることも考えなくてはいけません。

2.未来に対する責任を真剣に受け止める

 

 

 

 

年齢を重ねてくると現在ただいまの責任ばか
りを考えてしまいますが、「未来への責任を
どう感じるか」ということも大事です。

現在ただいまの仕事に集中しつつその仕事が
未来への責任につながっていくことを自覚し
なくてはなりません。

3.出世よりも、会社の将来のために必要な手
を打つ

 

 

 

 

 

自分の出世のために手を打つのではなく、ど
んなに批判を浴びようと純粋に会社の将来に
とって必要だと思うことは主張するべきです
し、必要な手を打つことが大事です。

その時は、批判が出たりもしますが、自分の
思いをわかってくれなくても構わないと思い
ます。

本心から会社のためによかれと思い行った行
為について、本当に必要だった場合はいづれ
は分かってくれるようになります。

4.敵が出てきても自分を認めてれる人もいる
と冷静に見る

 

 

 

 

主張すると味方になってくれる人がいる一方
敵も出てきます。

しかし、敵のことばかり気にし過ぎると自分
が壊れてしまうこともあります。

それよりも、精神的につぶれないように自己
信頼を持つことの方が大事です。

自分に対して客観的に見ることで自分を守る
ことが大事です。

そうすることで、リバウンドしてくる力がつ
いてくることもあるのです。

よく言われることですが、日本人悪口は言う
けど、ストレートにはほめてくれません。

黙っていることが賞賛であることもあります
し、意外な人がきちっと見てくれていること
もあります。

あなた自身は、いつも爽やかであってくださ
い。

爽やかな人は、引っかかりがありません。

「不愉快なことは、できるだけ小さく受け止
め、そして押し流していく」そういう気持ち
が大事です。

心構えとしては、毎日感謝して生きることで
す。

一日の問題をその日のうちに解決し、いやな
思いを翌日に持ち越さないことが大切です。

5.エゴイストとは距離をとるべし

 

 

 

 

 

社内にはめっぽう仕事ができる人がいます。

しかし、いくら仕事ができる人でも、本物の
エゴイストなら、適当に距離をとる必要があ
ります。

そういう人に対しては、学ぶべきは学び、学
ぶべきではないところは学ばない姿勢が大事
です。

最後までお読みくださってありがとうござい
ました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

言い訳や言い逃れ中心の人生を逆転する

          年を取ってくるとずる賢くなって、先に言い 訳を考えてしてしまいがちです。 特に頭がいい人ほどそういう傾向があると聞 いています。 …

no image

人気の料理レシピについて

料理レシピ人気ブログ 料理のレシピが満載されているだけでなく人気ブログランキングも多数あります。 料理レシピ人気サイト 今日の献立の必需品的な料理レシピ人気サイトです。もちろん見るだけでも楽しくなりま …

no image

考え方の力

        日本人は何か横並びしていると安心するよう で、ちょっと目立った行動をするのを避ける 傾向がるような気がします。 ニュースなどを見ているとたまにバ …

no image

魅力ある人となるために(その1)

          あなたは、魅力ある人とはどんな人のことだ と思いますか。 今回は、「魅力ある人」について考えてみま した。 「魅力ある人」について …

no image

保護中: あなたは、自分が思っている以上の力 を持っている

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。