未分類

アイム・ファインという考え方

投稿日:

 

 

 

 

英語であいさつするとき
How are you?
I`m fine, thank you.
といいますが、疲れていても「I`m fine」と
言わなければいけないのか。

そのような内容の本を読んだことがあります
が、あなたはどう思われるでしょうか。

この本の作者は、英語って実にポジティブな
言語なのだなと思ったと書いてありました。

挨拶の決まり文句だとは言え日本人にはなか
なか言えない言葉かもしれません。

心の態度

 

 

 

 

あなたは自分はどういう人間だと思っていま
すか。

昔読んだ本の中である人がこう質問していま
した。

私が死んだら天国に行くのでしょうか、地獄
に行くのでしょうかという質問です。

回答者は、今まであなたが天使のような思い
をもって人生を送られていたなら天国へ行く
ことができます。

もし地獄的な思いで人生を過ごしていたなら
地獄に落ちます。

そのように答えていました。

なぜこのような事を書いたかと言いますと、
わたくしたちにとって大事なことは基本的に
何を考え続けて生きているのかという事。

つまり思いがいかに大切なのかを言いたかっ
たからです。

くしくも、哲人エマソンや心理学者のウイリ
アム・ジェームス古くは、釈尊、ソクラテス、
そして第16代ローマ皇帝マルクス・アウレリ
ウスが同じことを言っています。

「あなたの考えていることがあなた自身であ
る」と。

つまり心の在り方は、あなた自身の未来を決
めるという事です。

例えば、病気をしてつらい思いをしている人
は「私は元気です」と言ってニコッと笑える
ような心境を持ちづづけることが大事になっ
てきます。

本来なら愚痴の一つも出るところを「元気で
す」「調子がいいです」と言えるような心境
が大事なのです。

そのように言えること自体が、人生に対する
肯定的な考え方であり、周りの人に対して愛
を与えていることになると思います。

シンプルに物事を考える

 

 

 

 

年を重ねるにしたがってなぜか悩んだり苦し
んだりすることが多くなってきます。

本来なら経験を積み、知識も若い時より増え
て賢くなっているのに現実には悩みが増えて
います。

これってどういうことなのでしょうか。

考えてみると、若い時は経験も知識もあまり
ないので思い切った行動ができるのですが、
年を重ねてくると守りに回ることが多くなっ
てきます。

それが原因の一つかもしれません。

なのでこれ以上悩みや苦しみを増やさないた
めに思い切って、心して物事をシンプルに考
えていくべきではないかと思います。

ある方は、「実際に知識や経験が増える中で
物事をシンプルに単純に、割り切って考える
訓練をすることは、ある意味での知恵であ
る」と言っておられました。

シンプルに考えることは結構難しいですが、
その効用は大きいと思います。

先ほど思い切った行動ができなくなると申し
ましたが、シンプルに考えることによって行
動が生まれてくることがあります。

自分が八方ふさがりの状態の時、シンプルに
考えることによって、どちらを目指して動け
ばよいのか判断ができるようになるからです。

捨てるという潔さ

 

 

 

 

シンプルさの根底には、「単純に、明るく生
きよう」「物事に引っかかったり、根に持っ
たり、恨んだり、ねたんだりせずにスパッと
割り切っていく」という事があります。

以前、断捨離という言葉がはやっていました
が断捨離は物を捨てるというだけではなく執
着を捨てるという意味もあるらしいことを知
りました。

執着はいろんなところで生まれてきますが、
つかみすぎると身動きが取れなくなります。

なので、捨てるべきものは捨て、選び取るべ
きものを選び取る潔さが必要になってきます。

そうすることで心がずいぶん軽くなります。

これからは、シンプルで潔い生き方を目指し
たいものです。

この際劣等感も捨てましょう

 

 

 

 

 

 

 

シンプルに生きていく中でよく引っかかって
くるのは劣等感です。

子供時代の劣等感を50歳になっても60歳にな
っても引きずっている方がいます。

その根底には「人の同情を求めたい」という
思いがあるように見受けられます。

「人の同情を求めたい」と思う気持ちがある
間は子供です。

そんな方は大人になって人を助ける側に回ら
なければいけません。

劣等感に悩んでいる人はおおむね自分のこと
しか考えていない自己中だと思います。

どうしたら自分が救われるのか、ということ
しか考えていない傾向があるからです。

要はエゴイストなのです。

みんな、なにがしらの劣等感を持っていると
思いますが、いかに劣等感を克服するのかを
考えてほしいのです。

つまり、自己中心的な考え方から、ほかの人
の悩みを解決するような人間に変わっていく
にはどうすればよいのかということです。

自分自身が心の在り方を見つめることでその
答えを得られると私は思っています。

最後までお読みくださってありがとうござい
ました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

1日24時間をどう使うか

        「1日24時間をどう使うかであなたの人生は 大きく変わる」そういわれるとなんとなくそ うかもしれないとあなたはは思われるでしょ う。 「ではその …

no image

心について(その1)

          今回はちょっと難しい話になるかもしれませ ん。 何故なら心の話をしようと思っているからで す。 でも私はそういう方面の専門家ではな …

no image

成功に導く考え方

          本屋に行けば成功者になるための書籍が本棚 の一角を占めていますし、インターネットで 検索すれば山のように出てきます。 しかし、現実 …

no image

思いの力や心の力は鍛えることができる

        最近私の身の回りに起こったことで気になっ たことがあります。 そろそろ車を買い替えたいなと思っていたら、 親戚の方がもう乗らないからあげるよって …

no image

言い訳や言い逃れ中心の人生を逆転する

          年を取ってくるとずる賢くなって、先に言い 訳を考えてしてしまいがちです。 特に頭がいい人ほどそういう傾向があると聞 いています。 …